※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー45

診断時:56歳
インタビュー時:79歳(2008年12月)
近畿地方在住。1986年に右乳がんの診断で、乳房切除術とリンパ節郭清術を受けた。男が乳がんということでとても驚いたという。2001年以降、右頸部や右肋骨などへ転移・再発があり、さまざまな治療を受けてきた。 当時は母と妻と息子2人の5人暮らしで営業管理職。現在は妻と2人暮らしで無職。

詳しいプロフィールを見る

そやけど、僕、自体は、男のがん、未だに男のがんってないと思うのと、それから、お母さんの一言、あの、ようはがんというのは、やっぱり、3人に2人もなるし、なって当たり前のことやし、僕がずっと原発巣から考えてみたら、あの、そういう自分の生活習慣においてでもなったんじゃないかと。で、(仕事で求められる)数字も猛烈やから、ストレスがものすごい貯まっとったんじゃないかと思います。で、酒も飲まんくせに、もうそういう雰囲気を楽しむような、あの、で、午前様で帰って、牛乳1本飲んで、そんなんで病気にならんほうが不思議です。そやから、今、甘んじて、がんになって、何だか当然でしたと今思っております。
友達がもういろいろ見舞いに来ますが、もう、「乳がん」言うたら、笑いころげて、僕、(手術後に)血液、やっぱりこう、あの、ドレーン(で)取ってますやん。「あんなもん、乳がんなんてね、男にあるもんか」、あの、男ってみんなそんなもんでっせ。「男の乳がんかなんていうのは、なるはずがない」と。で、僕、未だにね、主治医にときどき聞くんですわ。「先生、とにかく、今、抗がん剤を打ってもろうておりますが、あの、男性と…女性用の治療やってるんですか?」って聞いたらね。組織は同じらしいですね。乳腺が。女の人は乳腺、ほんで、男性も乳腺があるそうですな。だから、ようは、あの、同じ治療でええんやと。ただ、今、どういうんかな、抗がん剤をやらないために、あの、ホルモン剤を飲んでいるわけです、今ね。そのホルモン剤は、少し違うそうです、男と女がね。うん、先生は、そうおっしゃっていました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12125 (17) { ["term_id"]=> int(16) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(16) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(16) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る