※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2012年11月)

関西地方在住。村長をしている。平成22年にS状結腸にがんが見つかり開腹手術で摘出した。それまで便潜血検査はずっと陽性だったが、10年前に受けた精密検査の結果が「異常なし」だったことから出血は痔が原因だと思い込み、以来内視鏡検査を受けなくなった。しかし、知り合いからポリープ切除の話を聞いたことからポリープの可能性を考えるようになり、近所の医院で久しぶりに内視鏡検査を受けたのが発見のきっかけとなった。術後は順調に回復し、好きだったお酒にも休肝日を設けるなど、健康に気をつけながら仕事を続けている。

―― じゃあその、あの、診療所の先生が毎回、えーと、プラスというのを見るというのは…

が、年1回。

―― 職場の…

うん、年に1回。

―― 年に1回なんですね。

そうです、はい。

―― そうすると、2年に1回変わるのであれば、2年診てその先生は終わりということなので、じゃあ、毎回違う先生、毎回じゃない、2年に1回違う先生…

うん、2年にいっぺん違う先生に変わるから。

―― ああ。

そんで、潜血出てるけど、「先生、私は大丈夫なんですよ」(笑)。

―― とー、ずっと同じ、もし同じ先生とかであれば、もうちょっと強く言われたんでしょうかね。でも、記録は残ってますよね?

だからー、潜血は出てるから、まあ、これは私の勝手な解釈ですけれども、潜血、まあ、潜血出てたからがんという可能性もあるけども、さっき言ったように、まあ、痔の可能性もあるし、多分、鼻血なんかでも便に混じってくるんだろうし、すべてががんっていうわけじゃないですからね。まあ、先生も、あの「受けたらどうか」という話は聞いたような気もしますし、聞いてもあんまり重く、私自身が受け止めてなかったんでね。あの、先生から首に、縄縛って連れて行かれるような状態じゃなかったから。あの、何人かはおっしゃってくれたような気もするんですけども、けど、自分の受け止め方があんまり真剣に受け止めてなかったから、結局、まあ、手遅れというか、無視して…結果を無視してしまったと思うんですけどね。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧