診断時:54歳
インタビュー時:57歳

1998年に乳がんの診断。 乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

手術後に腫れが全然なくて、まったく正常な腕だったのに、20年も経ってから(リンパ浮腫に)なることもあるなんてことは、知りませんでした。私の場合は去年なったんです。それで、ジムに行ったときや庭の手入れや家事をするときに着用するスリーブを入手しました。でも普段は着用していません。腕が少しくらい太くなっているとしても、今だったら自信を持っていえると思います。片方の腕が太くなっているけれど、どうせ誰も気づかないわって。もし他人が気づくとしたら、そうですね、時々洋服探しが難しいですね。ジャケットを着用すると、いきなりそっちの腕が少し窮屈だわってわかるのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧