診断時:54歳
インタビュー時:57歳

1998年に乳がんの診断。 乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

――化学療法と放射線治療を受けている間中(タモキシフェンを)飲んでおられたのですね。

受けました。ずっと受けていました。いまでも受けています。今では、(抗がん剤や放射線の)治療が終ってから、早いもので2年近くになりますが、今でも薬を飲み続けていて、これまでで飲まなかったのは1晩だけです。これって、すごく優秀だと思いますよ(笑)。 だから、質問への答えは、はい、治療を受けましたですね。

――長期間、いつ終るかもわからずに、薬を毎日飲み続けるというのは、どんな気分でしょう?

全然気になりません。私は(薬について)それこそたくさん読んで調べました。とてもありがたい薬だと思います。一定の有効性が認められた薬の一つだと思いますから、満足しています。確かに薬のせいで少しばかり太ってしまいましたけどね。確かに少し体重は増えますが、そんなこと大したことではありません。それで、生きていられるし、今やりたいことが何でもできるのですから。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧