診断時:44歳
インタビュー時:45歳

2000年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

病院から帰ると、夫が言いました。「どの手術を受けるか考えた?」って。私は、「完全切除にするわ」と言いました。彼の返事は、「そう聞いて嬉しいよ」でした。彼は全面的に私に同意してくれて、これはすごく理想的なことでした。

――切開の跡は今どのように見えますか?今のは傷痕は?

見事、見事、とてもキレイできちんとしてるし、白くてとにかく本当に慣れますよ。醜くなくて、素晴らしいきちんとした手術ね。

――見るのは気になりますか?

いいえ、全然。

――ご主人が見るのは気になりますか?

いいえ、いいえ、全然。初め手術を終えた時は、そうですね、変形したなと感じました。
その一部は、たぶん、感染があったためだろうと考えます。でも、気分が良くなると、状況はそんなに悪くはないものです。今、治療はすべて終わってしまったことですし、傷痕のことなんて気にならないんですよ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧