※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー43

診断時:39歳
インタビュー時:46歳(2008年10月)
東北地方在住。2001年冬、右乳がんと診断され、右乳房温存術と腋窩リンパ節郭清を受け、術後は放射線療法とホルモン療法を行った。術後1年ほどして、リンパ浮腫となり、現在はミトンとスリーブ着用、リンパドレナージを毎日行い、悪化防止に心がけている。夫と子ども2人と夫の両親の6人暮らし。仕事は事務系の会社員。

詳しいプロフィールを見る

告知されたときなんですけれど、半年前に受けたときに、乳腺症だっていうふうに言われてたので、結果は当然乳腺症だと言われると思って、本当に高をくくってたんですね。ところが、お医者さんが、診断結果を言う前に、まず、首をカクンって落としちゃったんです。で、あーっ、もしかしたらっていうのがあって、で、それでもう言われる前に、「あっ、がんなんですね」って言ったときには、「そうです」っていうことで、そのときに初めて告知を受けました。
 で、周りに看護婦さんとかがいまして、「今日は一人で帰れますか。車で来ましたか」っていうようなことで、一人で、告知を受けた後のショックとかっていうのを考えてくださって、「家族の方を呼びますか」とか言われたんですけど、いきなり家族も言われても困ると思ったので、まあ、とりあえず一人で休めば帰れますっていうことで、一人で自力で帰りました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(16) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(16) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(16) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る