インタビュー内容テキスト

告知されたときなんですけれど、半年前に受けたときに、乳腺症だっていうふうに言われてたので、結果は当然乳腺症だと言われると思って、本当に高をくくってたんですね。ところが、お医者さんが、診断結果を言う前に、まず、首をカクンって落としちゃったんです。で、あーっ、もしかしたらっていうのがあって、で、それでもう言われる前に、「あっ、がんなんですね」って言ったときには、「そうです」っていうことで、そのときに初めて告知を受けました。
 で、周りに看護婦さんとかがいまして、「今日は一人で帰れますか。車で来ましたか」っていうようなことで、一人で、告知を受けた後のショックとかっていうのを考えてくださって、「家族の方を呼びますか」とか言われたんですけど、いきなり家族も言われても困ると思ったので、まあ、とりあえず一人で休めば帰れますっていうことで、一人で自力で帰りました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言