インタビュー内容テキスト

近くに、あのー、そういった病院がないということを言われて、で、すごくショックは受けたんですけど、ほかの患者さんでいないですかっていうことを先生にお尋ねしましたら、先生のほうで、患者さんを知っているっていうことだったので、じゃ、ぜひその患者さんをご紹介ください、ということでお願いしました。
で、その患者さんから、今のリンパ浮腫患者グループをご紹介いただいて、そこに連絡をしたら、もう講習会が、今月早速あるということだったので、すぐに、東京のほうに講習会を受けに行きまして、リンパ浮腫のケアの仕方を学んできたという状態です。

――具体的に、そのケアの仕方ということについて、どんなふうなことを今なさっているのか、教えていただけますか。

今は、「リンパドレナージ」と言ってまして、マッサージなんですけども、これは、皮膚の下にあるリンパ液を、郭清したリンパ節じゃなく、別な生きている部分の、体の中に何個かあるんですけれども、そちらのほうにそのリンパ液を持っていって、そのむくむのを防止するっていうそのドレナージ、リンパドレナージをやっているのと、あとは、日中ですね、生活する上で、むくまないようにということで、弾性着衣としてスリーブ、弾性スリーブと、ミトンを装着してます。あとは、むくみがひどいようなときには、夜、あの、バンテージというのをやるんですけど、やはりこれも、弾性包帯ですね、弾性包帯で、その、夜寝ている間に、むくみを防止するっていうような、ものをやっています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言