インタビュー内容テキスト

手術後1年ぐらいしたときに、えー、右手のほうに、何ていったらいいでしょうね、あのー、痛み、ピリピリとした痛みが走ったんです。それで、主治医の先生に、「痛みが走るんです」っていうふうに言ったら、「うーん、肋間神経痛みたいなもんかな」っていうふうにはじめ言われたんですけど、どうも自分ではそうじゃないような気がして、で、また、次回の、あの、定期検診に行ったときに先生にお話ししたら、もしかしたらリンパ浮腫かもしれないっていうようなことを言われたんですよね。で、リンパ浮腫って、手術の説明のときにも、もしかしたら、あの、リンパ節を郭清しているのでむくむかもしれないっていうふうに言われてたんですけど、むくむっていうのはもうはれ上がるっていう状態だと思っていたので、こんな痛みとか、その、ピリピリ感とか、何かあるっていうふうな感じは分からなかったんですね。なので、もしかしたらリンパ浮腫かもしれないというふうに言われたときには、「あらっ、どうしましょう」って本当に思いました。で、先生に、「どうしたらいいんですか」って言ったら、先生も、「そういったことは専門外なので分からないし、リンパ浮腫を治す病院もこの近くにはないよ」っていうことを言われたので、すごくこうショックだったのを覚えてます。

――そのときにはもう腫れが来てたんですか?

自分としては、あの、少しむくむ感じ。まあ、指先のほうなんですけど、少しこうむくむ感じはありましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言