※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー39

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年9月)
四国地方在住。2007年秋、炎症性乳がんと骨転移の診断を受ける。薬物治療を受けて、現在に至る。娘も10年前に乳がんを患っている。 1人暮らし。子どもたちは3人とも家庭を持っており、近くに長男家族が住んでいる。仕事は華道教師で、診断後も続けている。

詳しいプロフィールを見る

孫がね、忘れもしないけど、8年前のお正月に、来たときに、「ばあちゃん、あのね、お母さんのおっぱいね、ちょっとね、おかしいんよ」って言うんですよ。「おかしいって、どんな何おかしいん」言うて。「何か凹んでいるよ」って言うんですよ。「えー、凹んでいるってそんなん大変やん。あんた、それ大変よ」言うて。ほんとに忘れもしない、お正月の3日だったかな。お風呂入っていて、「ちょっとあんた見せてごらん」言うて。陥没しているんですよ。それで、色も変わっているし。
そのときのショックのほうが大きかったです。まだ、そのころは、乳がんっていうたらとても怖いっていう。わたしの中では、印象があったから。すっごく怖かったですね。もし、この子が何かあって、もし、あれしたら、孫たちどうなるんだろうかな。まあ、1人ですけどね。かわいそうになー思って。即、それ考えましたね。自分が宣告受けた以上に、そのときのほうが辛かったですね。そして、まあ、付き添いで行っていたら、「まだ、お母さん、もう、帰っていいよ、1人ができるから」言うて(笑)、先生に笑われたりしたこともありましたけどね。でも、もう、もともと、この人(娘)も、気が、ほら、楽天家のほうだから、そんなに苦にしないし。入院中もわたしらもう風呂に行ったりとか。別に温泉に行ったりとかせんともね、あれしたりもしましたけど。まあ、ついとることないですから、ほとんどね。まあ、そういうことで、娘のときのほうが、ショックでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12131 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る