※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年9月)

四国地方在住。2007年秋、炎症性乳がんと骨転移の診断を受ける。薬物治療を受けて、現在に至る。娘も10年前に乳がんを患っている。 1人暮らし。子どもたちは3人とも家庭を持っており、近くに長男家族が住んでいる。仕事は華道教師で、診断後も続けている。

組織検査のときですね。これは、ほんとに、耐えられないほど痛かったです。時間そのものは、長くかからなかったと思うんですけれども、麻酔の注射針が、「入らない」って言われるんですよ。硬くて、その組織が。そりゃ、そうですよね。その子どもの組織見たとき硬かったから。だから、「辛抱してね、辛抱してね」って言いながら、「血圧が220上がりました」っていう、助手の方から(の声)も、局部麻酔でしたから、全部、ほら聞こえるんですよね。それで、その中で日常会話もその先生方が、「ああですね。こうですね」って、周りの景色のことを話されるんですけれども、もうその痛さで、ご返答することもできなかったですけれども。痛いとも言えないし、まあ辛抱して、「あ、今、縫合しているな」っていうこともわかりましたから、「あと少しですか?」って聞いたら、「もう、あと3針(みはり)よ」とかいう、そのときに、ほんとに、「ああ、よかったなー、痛かった」という言葉で最後、締めくくりましたけど、「もう、お産するより痛かった」言うて。あとは、もう「終わったから、よかった。よかった」と言って。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧