※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年9月)

四国地方在住。2007年秋、炎症性乳がんと骨転移の診断を受ける。薬物治療を受けて、現在に至る。娘も10年前に乳がんを患っている。 1人暮らし。子どもたちは3人とも家庭を持っており、近くに長男家族が住んでいる。仕事は華道教師で、診断後も続けている。

結局、乳がんと診断されましたのが、ほんとに、かれこれ1年。10月の忘れもしないですけど、10日に初めて今の病院に行って診断を受けました。で、自分でも、もう行く前に、もしかしたら80%ぐらいはそうであるかもしれないという気持ちは、自分で持っておりましたから、先生に診ていただいたときに、「これは、乳がんですよ」とはっきり言われたときのショックは、あまり自分でも驚くほど冷静に受け止めることができたんですよね。不思議なことに。それで、そのときに、「まあ、検査は早急にしましょう」いうことで、ほんとに、短期間で、検査、全部していただきました。
で、その結果を、家族、子ども、まあ、息子…子どもが3人いますけれども、私を含めて4人で先生の検査の結果を病院に行ってお伺いしたときに、先生が、ほんとに、目に涙を浮かべんばかりに、「これから一緒に頑張っていこうね。で、こういうふうなことだから、今はいい薬があるから、頑張ろう。で、これでいかなければ、これでいく」というふうな細かな説明も受けまして、それで、自分自身もそうだ。自分の仕事も関係もあるし、ここ3年5年はどうしても、やっぱし頑張って、自分の仕事の後継者をちゃんと作っていかなきゃいけないという、自分自身責任がありましたから、とにかく、頑張るぞという気持ちで、現在、治療を受けながら頑張っている状況でございます。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧