インタビュー時:55歳(2016年8月)、疼痛期間:14 年、診断名:線維筋痛症。

近畿在住の女性。41歳ごろより職場のストレス、突き指などがきっかけで肩、腕や指先の痛みが出た。45歳からは痛みが全身に広がり、48歳でやっと線維筋痛症と病名がついた。鎮痛剤や漢方薬などは効果がなかったため、現在は通院していない。24時間常時続く痛みはあるが、家事全般を夫に担ってもらい、激痛があるときは体を休めて、日常生活を送っている。人前で歌ったり体験談を話したりするなどして痛みを忘れられる時間を作っている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

小倉さんは保育士として働いていたときは何も痛みはなかったが、その後の様々な人間関係でストレスがたまり、41歳ごろから肩こりがひどくなった。そして突き指をしたのがきっかけで、痛みが取れなくなった。「誰かに思いきり掴まれているような、痛み」で、特に腕や指先、全身のどこかに痛みが常時ある。現在もストレスを感じる時や、気温や天候の変化などで痛みが増す。

線維筋痛症と診断を受けたのは、48歳(痛みが出てから8年後)の時で、特効薬がないとわかり病院での治療は受けていない。うつ病や、不安障害の診断を受けているため心療内科に通院し、安定剤と睡眠導入剤を服用している。障害者手帳の交付をうけている。

痛みが出始めてから整骨院での施術や、マッサージも受けたが痛みは取れず、整形外科、内科、漢方の専門外来などトータル十数か所の病院や民間療法施設に行った。MRI、血液検査、レントゲン検査などでも異常がなかった。鎮痛剤の内服薬や様々な漢方薬を試したが、まったく効果がなかった。湿布を勝手に貼って医師に叱られたり、痛みは気のせいだと言われたりすることがあった。思わず医師の前で号泣した時は、精神科や心療内科に行った方がいいと言われたこともあった。現在は湿布を貼ったりして自分で対処している。
 
当初痛みは治るものと思って乗り越えようとしていたが、この病気はそういう気持ちを持ってはダメだと思う。また、周囲の人に病気を理解してと訴えていたが、この症状は、夫でさえも理解し難いので、周囲の人に理解してもらうことは難しいと思う。しかし、症状が軽くなる人、治る人も居られるらしく、望みを失ってはいけない。

痛みと気分の落ち込みが激しいため、家事ができないので、夫に家事を任せている。とても素晴らしい夫だと自慢できる。人前で歌を歌うなどパフォーマンスをしていると「ナチュラルなハイテンションになれる、幸せホルモンが出る」感じで、その時は痛みを忘れられる。診断名がついた当初2年ぐらいは同じ病気の人が書いたブログめぐりばかりしていたが、自分のアイデアで対処しないといけないと思い、今は、好きな歌とダンスに救われている。歌とダンスは輝く宝物である。一生、楽しく続けていきたい。

現在、ヘルプマークを身につけてその意味を話す活動をしている。この活動を通して人間同士のコミュニケーションを大切にしたいと強く思うようになった。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言