インタビュー内容テキスト

―― あの、エネルギー療法って、たぶん一般の方はあんまりよくわからないと思うんですけども、そのエネルギー療法の自己治療っていうのをちょっと説明してもらってもいいですか。

えっと、うんと、その、薬を使って云々とか、あの、鍼(はり)や指圧を使って云々というんじゃなくて(笑)、あの、えっと、要はお手当て。お手当てということで、えっと、またこういうことを言うとなんか宗教がらみになるんじゃないかというふうに言う人もいるんですけど、気功っていうのはよく聞かれると思うんですけど、気功に似てるんです。でも、気功っていうのは自分の力を使って、えーと、自分の力で、エネルギーで、えーと、治癒する、治癒をしていくっていうんですけども、そうじゃなくて、例えば私の使わせてもらっているのは直傳靈氣(じきでんれいき)といって、直傳靈氣気功整体というもので。そのエネルギーというか、そこからのエネルギー、宇宙からのものの力を借りて、えーと…、自分にこう伝わらせてもらって、お手当てをする。まあ、お手当てするっていう、簡単に言うとそうなんですけど。 でも、それを言うとやっぱり中には宗教的っていうふうに、あの、捉える人もいるので、本当はこればっかりは信じる、信じないの世界なので。私の家族の中でも主人とか妹は(笑)、あの、こう痛いところ、つらいところにこうお手当てをしてあげると、あの、「まあ温かくはなってくるけども…、うん、それが効くの?」っていう(笑)、言う人もいたりとかして。だから、本当に効くっていうふうに思えば効くんだろうしというところもあるので、一概には言えないんですけど。

―― それをやると、どんなふうに自分の体がこう良くなるっていうふうに感じられるんですか。

人によってなんですけど、私の場合、もうやっぱり熱く熱く、ぐわーって、一気にぐわーって熱くなっていって、で、ある程度の時間たつとこう沈んでいく。で、やっぱり症状が重い人ほどそれを、やっぱりそれも治療頻度ということで毎日やってあげなくちゃいけないんですけど。あの、そうすると毎日することによって、その、ぐわーってなる、熱くなったりするのが、だんだん、だんだんこう、波の、下がっていくっていう形で。私の場合は、あの、こう熱くなったりとか、自分に対しては熱くなるんですけど、あるとき人にやったときに、あのこう、じんじん、ここが痛くなる感じになる人も。そこに炎症が起きていたりすると、こう痛くなるというか、そういう症状が、ある、あるんですけども、出るんですけども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言