インタビュー内容テキスト

リハビリは、あの、平行棒を使った運動療法と、あとは認知神経リハビリテーションといいまして、いわゆる脳トレーニングを行って。私は左足を傷めているので、その捻挫は治っているけれども、捻挫が治ったことを脳が認識していないので、その誤作動に修正をかけるためのリハビリを行っています。で、具体的には、足にスポンジを置いて、目をつぶった状態と開いてる状態で、あの、同じものを当てているか、違うものを当てているかを当てるとか。そういったことをあの、右と左で、正常な感覚を持っている右足との比較を行いながら、どこで自分の脳が誤作動を起こしているかを自分で認識して、鏡を見ながら、それで修正をかけていくっていうリハビリを週に1、2回行っています。

――その、えー、ブロックとかリハビリの治療の効果っていうのは、ご自身ではどう感じていらっしゃいますか。

リハビリに行かないと、足の力がだんだん抜けていくというときがあるんですよね。なんか例えば、仕事が忙しくて1週間空いてしまって10日ぶりぐらいに行ったときに、8日目ぐらいからちょっと足に力が入らないと思うときがあって。あの、そこがやっぱりリハビリに行ってる効果なのかなというのが。あとは、リハビリに行ってると、例えば転倒したり、調子が良くなくても、周りにプロの先生がいると思うと、安心してちょっと勇気を出して、いろんなこともできるというか。

――…じゃあ、もうそのコンスタントに。

はい。

――もう1回、リハビリは今、期間はどれぐらい行っていらっしゃるんですか?

週に1、2回です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言