※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー35

インタビュー時:54歳(2016年12月)、疼痛期間:20年、診断名:脊椎損傷後神経因性疼痛。

首都圏在住の男性。30歳の時に交通事故により、両手足が完全麻痺となり、日常生活は電動車椅子を用い、ほぼ24時間介助者とともに過ごす。事故後4年目ぐらいより、両足と右腕、特に手先が強い痛みに襲われるようになる。疼痛が出始めてからも、心療内科医として働き、大学で教鞭をとっていたが、次第に業務との折り合いが困難となり5年前に退職した。現在は市民活動に参加したり、医療系の学生に重度障害者の在宅ケアについて教えたりすることを通じて、自身の体験を社会に還元することを目指している。

詳しいプロフィールを見る

えっと、関係性の話で言えばやっぱり、あの、あ、自分は痛いっていうことを、伝えたくなりますよね、どうしてもね。自分でも言ってしまうんですけども。相手はそれを共有することもできないし、どうすることもできないと。また相手は何もしてあげられない自分ということになってしまうわけですし、こちらは理解してもらえないっていう気持ちばかりが募って、その関係性が悪化しちゃうんですね。

で、それは、さっき言ったように、だから、あの、何もできない、共有できないっていうことを前提にもう初めからわかっていれば、あの、ほかの面で、だけど、まあ、じゃあ、一緒にどこかに行こうかとか、だけど、じゃあ、何々するのを手伝うねとか、そういうふうにしていければ、あの、いいわけで。その痛みのことで、その近い人の関係悪化をやっぱり防いでいかないといけない。

それから痛みがやっぱり情動と強く関係しているので、で、その、特にやっぱり怒りっていうことと関連する、ので。あの、割と僕も穏やかな性格だったんですけども、やっぱりこの痛みが出てから、すごく怒りやすくなっちゃって。あの、怒るっていうことは人間関係を悪化させますから、痛みそのものでもやっぱり痛みだけでも、こう、孤立しやすいんですね。で、その怒るってことでやっぱり周囲との関係性は、やっぱり悪く、どんどん悪くなってった時期っていうのは、やっぱり何年かあって。

で、自分でも、まあ今、今もちょっとすぐ怒っちゃったりするところがあるんですけど、まあそれはなるべく制御するようにしてて。あの、ただ、まあ怒りやすくなりやすいのは、あの、人間関係を悪くするので。あの、それもまあ症状なんですよね、一種のね。あの、なので、そこは、あの、よりコントロールしていきながら、あの、どこかで、まあまあ発散もしながらやってくしかないんだというようなことなんですけど。やはり、良好な人間関係のほうが、あの、ね、まあ同じ痛いんでも、同じ痛いんだったら、まあ楽しい話をしてて。でも、結構やっぱり楽しい話をしてても、「大丈夫?」って聞かれることがあるんです。やっぱり、あの、痛いのは痛いんです、楽しい話をしててもね。だけど、まあそのほうがいいわけだから。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(97) ["name"]=> string(30) "周囲の人とのかかわり" ["slug"]=> string(6) "mawari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(97) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(97) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "周囲の人とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(6) "mawari" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る