※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー01

インタビュー時:55歳(2014年12月)
関係:慢性の痛みをもつ86歳の女性(本人インタビューなし)の娘(三女)。
北海道在住。大学講師。同居する母親が、リウマチ性多発筋痛症、脊柱管狭窄症と診断されてから5年経過している。3年前に大腸がんで手術を受けた。腰から両足、ひどい時は全身の痛みを感じ、神経ブロックや、痛み止めの薬は効果が無い。「この痛みは一生なくならないのかね」という本人の言葉で、痛みがなくなることを望んでいたことを家族として初めて意識した。

詳しいプロフィールを見る

まあ最初は腰痛があって、まあ自分の趣味の合唱活動もしていたので、演奏会の準備などでかなり疲れていたので、そちらかなっていうふうには思ってたんですが。痛みがどんどん、演奏会、終わっても強くなっていって。それで…これはおかしいということで、えっと、私の姉の知ってるお医者さんのところに行きました。で、神経内科のクリニックに最初行きました。で、そこで調べてもらって、リウマチ性…多発筋痛症…ていう名前だったと思うんですが(笑)。筋痛症の、まあ幾つかある中の1つみたいですね。その痛みだっていうことを言われました。

それで、えーと、プレドニンを、あの、処方されまして、それで内服し始めたんですが、すぐ良くなるわけでもなく…、そこに通って薬を飲んでるけど、痛み自体はそんなに、あの、楽にならないっていうことで。まあプレドニン以外にもロキソニンという痛み止めの薬ももらっていたんですが、うまく痛みのコントロールできなかったみたいで。

それで、えーと、そうですね、あの、年寄りなもんですから…もうそのときで既に80ぐらいでしたので、夜中よくトイレに起きるんですけど、トイレに起きたときに自分の部屋からトイレまで歩けない、痛くて。筋肉が痛くて動かせないっていう、そういう日がありましたんで。私もちょっと寝てたんですけども、母が叫びまして。滅多にそういうことない人なんですけども、「歩けなくなるー!」って、叫び声を上げたんですね。私、びっくりして飛び起きまして、たぶん夜中の1時か1時半ぐらいだったと思います。それで、あの、痛くて、筋肉が痛くて。足…手も足も動かせないんだっていうことで。だけど、何とか少しずつ四つん這いになってトイレに行ったという状況でした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["slug"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(26) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["category_nicename"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["category_parent"]=> int(26) } }
同じテーマの語りを見る