※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー01

インタビュー時:55歳(2014年12月)
関係:慢性の痛みをもつ86歳の女性(本人インタビューなし)の娘(三女)。
北海道在住。大学講師。同居する母親が、リウマチ性多発筋痛症、脊柱管狭窄症と診断されてから5年経過している。3年前に大腸がんで手術を受けた。腰から両足、ひどい時は全身の痛みを感じ、神経ブロックや、痛み止めの薬は効果が無い。「この痛みは一生なくならないのかね」という本人の言葉で、痛みがなくなることを望んでいたことを家族として初めて意識した。

詳しいプロフィールを見る

「この痛みはなくならないんだ」っていうのもあり、自分がどうかしたから、どうにかなるっていうものでもないっていうのがだんだん見えてきたときに、無力感というよりは、それでも何ていうの、あ、母がその痛みがあっても何かしようとしてる姿があったので、それを私、見てたんだと思うんですね。痛みをなくそうとして、あの、自分で何かパンパン叩いたり。まあ叩くという痛みのほうに気が紛れるというのがあったかもしれないですけど。それは本当に見てて、あの、切ないなっていうのがありますが、それでも何かしようとしてる母というほうに目が行ったんだと思うんです。なので、何かしようとしてるほうだったら、何か、あの、力添えはできるかもしれないというか、おかしいんですけども。あの、何かしたいと思うほうだったら、あの、できるような環境をつくっていくというか、条件をつくっていくというか。それだったら少しできるかもって。痛みだけを見てると本当に何もできないですね。

もし母がそれで痛いって嘆き悲しむだけで何もしようとしなかったら、一緒に巻き込まれたのかもしれないです。そういう意味では、痛くても何かしようとする母というのに助けられてるのかもしれないですよね、私がね。

だけど、ああ、そっか。私から距離を取るというより、母のほうから距離を取ったのかな。あの、何もしないでくれみたいな形で、ちょっと突き放しというか。それでも何とかしようと……しなかったのは、もうあの、べったりそばにいられなかったというのもあると思うんですけど。……うーん。…痛みの治療というのは確かにあるけど、ペインクリニックを目指して、まあ神経ブロックもお願いしたけど、一時的に良くてもまた戻っちゃうっていう。それが神経ブロック何種類かやったとき、そういう状況だったんですよね。

…そうですね。無力感、無力感になったかもしれない。それから救ってくれたのが、あまりべったりと私に訴えなかった母の気遣いもあったかもしれないですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["slug"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(26) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["category_nicename"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["category_parent"]=> int(26) } }
同じテーマの語りを見る