※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー01

インタビュー時:55歳(2014年12月)
関係:慢性の痛みをもつ86歳の女性(本人インタビューなし)の娘(三女)。
北海道在住。大学講師。同居する母親が、リウマチ性多発筋痛症、脊柱管狭窄症と診断されてから5年経過している。3年前に大腸がんで手術を受けた。腰から両足、ひどい時は全身の痛みを感じ、神経ブロックや、痛み止めの薬は効果が無い。「この痛みは一生なくならないのかね」という本人の言葉で、痛みがなくなることを望んでいたことを家族として初めて意識した。

詳しいプロフィールを見る

最近はですね、急にちょっと時間が飛んじゃいますけど、痛いのをあきらめてるのかな。なんか1年ぐらい前に、あの、「この痛みは一生なくならないのかね」っていう言い方をしまして、で、私、それ聞いたとき、「はっ」と思った。私のほうとしては、あ、ずっと痛みとのつき合いだなって思ったんですが、母としてはやっぱり痛みなくなることを期待してたんですね。その、「一生この痛み…が消えないのかな」っていう言葉で、ああ、痛みが全くなくなるっていうことは私もたぶん無理だろうなと思ったんですが、それを望んでいたんだっていうのは、そのときにちょっと初めて…、私のほうで意識したっていう気がしました。今はですね。あまり前ほど、「痛い、痛い」言わなくなったんですが……、あきらめたのかな。そこは、はっきり聞いてないんですけれども、あの、痛みのない生活というのをあきらめたのかなっていう気もします。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(69) ["name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["slug"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(69) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(26) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(69) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "痛みの訴えを受け止める" ["category_nicename"]=> string(13) "kazoku-kazoku" ["category_parent"]=> int(26) } }
同じテーマの語りを見る