※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:47歳(2016年9月)
疼痛期間:約30年
診断名:子宮内膜症、子宮筋腫

首都圏在住の女性。大学生のときに激しい生理痛に襲われ、子宮内膜症の診断をうけた。ピルによる内服治療をしたが、その後は治ったと思い、特に治療はしなかった。生理痛が激しいときには、鎮痛剤を使用し寝込んでいた。30代半ばから、生理以外の日にも痛みが出現、ホルモン薬を使用しないと激痛に襲われるようになった。40代に入り、子宮鏡下の手術で子宮筋腫を摘出後、出血量も少なくなり生理痛もよくなった。

で、30代半ばに差しかかるころから、またやはりこう痛みが増してくるようになりまして、それで、一度30代、35歳ぐらいのころだったかと思いますが、ちょうどピアノの指導で、ホールの客席に詰めていまして、それで、えーと、長い時間、客席に座った状態でいるという。そういうあの、仕事の日があったんですけれども、その最中に猛烈に痛くなりまして。月経中ではあったんですけれども。猛烈な痛みでこう、イスに座っていられない痛みというふうなものに見まわれて、身動きが取れなくなってしまったことがあります。普通は痛かったらイスに座れば楽になるはずなんですが、子宮内膜症の痛みっていうのが、下から叩き上げられるような痛みといいますか、突き上げられるような痛みってよくいわれるんですけれども。えー、それが私の場合にはこうイスに座っているともう痛くてしようがないので、それこそあの、体圧が下へかからないように、こういうふう形にしてこう、お尻を浮かせるというか。こういう形にして。要は真っ直ぐイスに座っていると、もう痛くて痛くてたまらないので、イスに座れない。でも、痛くてたまらないので、立ち上がる元気も、その気力もない。だから、立っているよりはイスに座ったほうが楽なんでしょうけれども、イスに座っていると痛くてしようがない。じゃあ、どうしたらいいのだということで進退極まりまして。そのときも、ホールで生徒は引率していたんですが、とりあえずあの、家から遠い会場だったので、これはちょっと一緒には帰れないなと思いまして、まあ生徒のほうは親御さんと一緒にあの、帰しまして。そしてその後、自分はこれでは帰れないと思いまして、遠かったんですが、家に途中で電話をかけまして、この後、生徒は帰して別に帰るので、車で迎えに来てはもらえないかっていうことで夫に、電話をしました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧