※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

インタビュー時:80歳(2014年11月)、疼痛期間:約16年、診断名:関節リウマチ
首都圏在住の女性。1998年頃に腕の痛みを感じ、五十肩と診断され処方された痛み止めを用いるようになる。数ヶ月後には手の腫れも現れた。2001年に別の医療機関で関節リウマチと診断される。その後は飲み薬を用いながら毎月大学病院に通っている。2002年の大晦日には脳出血で入院し、リハビリして、回復した。俳句などの趣味も楽しんでいる。

詳しいプロフィールを見る

あの、手をね、使うこと。指もね。だから、あの、動かしたほうがいいような気がするんです、リウマチの人。大事に、「痛い、痛い」って言ってるより。で、私はね、それ平気でね、できるだけ、キャベツ刻んだり、硬いものは、あの、主人に切ってもらったりしても、ネギ刻んだり。とにかく包丁を持って刻むっていうことが、あの、良いようですね、リウマチ。いろんなこう関節、使うから。で、今もね、この指か曲がっちゃうと、もうこうなったまま伸びないんですよ。で、くりっとなる、なるまで待ってて、こう伸ばすんです。それで、その前には親指が、あの、こういうふうに曲がっちゃって、それでなかなか曲がっちゃうと伸びないの、この関節がどうなってるんだか。で、やっと、ようやく伸びたなと思ってね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(54) ["name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["slug"]=> string(8) "katsudou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(54) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(54) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["category_nicename"]=> string(8) "katsudou" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る