※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:80歳(2014年11月)
疼痛期間:約16年
診断名:関節リウマチ

首都圏在住の女性。1998年頃に腕の痛みを感じ、五十肩と診断され処方された痛み止めを用いるようになる。数ヶ月後には手の腫れも現れた。2001年に別の医療機関で関節リウマチと診断される。その後は飲み薬を用いながら毎月大学病院に通っている。2002年の大晦日には脳出血で入院し、リハビリして、回復した。俳句などの趣味も楽しんでいる。

その痛いのはつらいんですよね。手が伸びなくて、で、このシャツも着れなくて…、あ、顔も洗えない。で、水に…、顔を付けるようにして、もう痛いときはね。で、あの、ここだけっていうじゃなくて、あっちこっちがこう痛くなるんですね、関節リウマチって。それで、もうお風呂に入るとね、洋服脱がなきゃならないから(笑)、服脱ぐとまた痛いでしょう。着る、また着なきゃなんないし。それでしょうか、もう3日ぐらいお風呂入らないで、もう、あの、着の身着のままで、やっぱり寝てました。寝たり起きたり。

…とってもなんかつらかったです。痛いし、で、家のこともちゃんとやらなきゃなんないし。で、あんまり人にも言いたくないし。で、そういうのも良くないんですよね。自分のこと、人に…、なんか世間に、し、知られたくないっていうか、隠すっていうか。で、1人で耐えていたんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧