※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

インタビュー時:61歳(2016年9月)、疼痛期間:14年、診断名:複合性局所疼痛症候群(complex regional pain syndrome:CRPS)

近畿在住の男性。妻と二人暮らし。競走馬を調教する仕事中に、厩舎に入った直後の馬と壁に挟まれて負傷。左手関節・左指・右足の骨折、左肩腱板断、反射性交感神経性ジストロフィー(現在はCRPSと呼ばれる)と診断された。腱板断裂修復手術を受けたが、痛みは左肩と左手首から次第に全身に広がり、手足に焼けるような痛みとしびれがある。現在は離職して収入がないことが一番つらい。

詳しいプロフィールを見る

ベランダに出て、ストレッチをしたり、深呼吸をしたり、シャワーを浴びたり、いろんなことをしてますけどね。僕は体を動かすということが、まあ主ですね。強く動かすんではなく、あの、ストレッチも心地良いところまでいったらだめと言われたんですよ。その手前でやめなさいと。心地良いところまでいくと痛みが増強するよというのが、まあ一部のお医者さんで言う意見なんですね。僕もそこまでいくと確かに痛みが出ます。そこの手前でやめておくのが今の対症療法というかね。気を紛らわすのにつながっているみたいですけどね。

―― その幾つか方法を取った中で一番効果があるというか、それとも複数何か使うことで効果が生まれてくるんでしょうか。

軽い運動するということと思います、僕はね。気分転換に軽い運動。深呼吸とか、まあ腹式呼吸はありましたけども、そういうリラックス。気持ちをリラックスさせるというかね。それが一番の治療みたいですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(54) ["name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["slug"]=> string(8) "katsudou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(54) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(54) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(69) "身体活動への影響と対処:動作・外出・家事・運動" ["category_nicename"]=> string(8) "katsudou" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る