※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

インタビュー時:62歳(2014年12月)、疼痛期間:約22年、診断名: 三叉神経痛
首都圏在住の女性。 薬剤師・大学教員。1994年頃に下あご・耳の下に痛みを感じ、検査の結果三叉神経痛と診断された。2週間ほどの服薬でいったん痛みが消えたが、3-4年後には、痛みのために会話が困難になることもあった。2014年にはさらに痛みが強まり、信頼できる医師のもとで手術に踏み切った。現在は痛みは治まり、仕事を続けている。

詳しいプロフィールを見る

で、 1月の後半、月末ぐらいから今度は固形物が摂取できなくなって、噛めないんです。で、歯も磨けないので、歯はとにかくお風呂に入って、湯船に浸かって体が温まると、多少その痛みの閾値が下がるのか、あの、痛みが少しマシになるので、お風呂の湯船に浸かりながら歯を磨き、みたいなことをやってましたね。でも、上がるともうすぐ痛くなってくるんですね。

―― 日常生活はしゃべれないと、食べれない。ほかは大丈夫でしたか。

そうですね。歯も、とにかくお風呂だったら磨けてたので。だから、朝がちょっと大変でした。お風呂、入れないから。夜は、歯磨きはいけたんですけど。朝は結構大変でしたけど……、まあ薬飲みながら磨いてましたね。歯医者にも通っていたから、そのとき。あの、定期的に…、歯石取るっていうの、やり始め、その調子がいいときにやり始めたので、ただ、まあ、調子悪くなってから、3、4カ月は行ってなかったですかね。口開けるのも痛いから。だから、口を開けるとここ動くでしょう。なので、あの、歯医者はなかなか行けないんですけど。調子のいいときから行き始めてたので、先生も、「大丈夫ですか」って言いながらやってた時期はありましたけど。そのほかは特に何も問題はなくて、食べれない、しゃべれないを抜けば、元気だったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(45) ["name"]=> string(78) "日常生活への影響と対処:食事、睡眠・休息、身だしなみ" ["slug"]=> string(8) "seikatsu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(45) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(23) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(45) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(78) "日常生活への影響と対処:食事、睡眠・休息、身だしなみ" ["category_nicename"]=> string(8) "seikatsu" ["category_parent"]=> int(23) } }
同じテーマの語りを見る