インタビュー内容テキスト

で、えーと、通ってた歯医者さんの紹介で、あの、鍼灸、「鍼(はり)の先生でいい先生がいるから行ってごらん」って言われて、その、鍼はずっと通ってました。まあテグレトールもある程度飲みながらですけど、鍼も、結構ちゃんと1週間に一遍ぐらいは通ってました。で、ただ鍼は、その、痛い部位をこう刺すわけではないので、なので、あの、体の全体のその気とか血とか、そういうののめぐりを良くしてから、良くすることで体調を治して、まあそういう神経痛とかも治すっていうような、まあ、コンセプトなので。うん。まあすぐには治らないんですけれど。まあ、でも通っているうちに、まあ会社辞めたというのもあるんですけど、治ってきたので、あの…、まあそれは良かったかなと思っているんです。

鍼灸、長かったですけどね。先生と仲良くなっちゃったので。あの、なんかこう、私の体の…、何ていうの、全体を整えることに結構苦労、苦労したというか、してた先生なので。まあこっちに来ちゃったので、行けなくなって、で、もう年行かれたんで、引退されたんですけど。あの、その先生、うんと、治りましたから途中からやっぱり、それをやってて。だから、継続してやっぱりその整えることに、その痛みを取るじゃなく整えることに行ってましたね。そういう考え方もありなのかな、わかんないですけど。でも、それも単に痛みの閾値が上がるだけであって、その時期だって、神経と血管は当たってたわけじゃないですか。その状態は変わらないわけなので、自分の感じ方だけですよね、痛みの。それが、まあそういう感じない状態に鍼をすれば、鍼でその、毎月ちゃんとこう手入れしてやれば、痛みを感じない状態に、な、なれてたのかもわからないですね。たぶんそうだと思います。別に鍼したからって、血管と神経が離れるわけじゃないので。だから、そういうぐらいですかね。

それと鍼ってやっぱり怖くて、あの、どっか変なとこ刺されると死ぬじゃないですか。あの、必殺仕置人じゃないけれども、ね。眉間とか何かあんなところを下手されると。だから、信頼関係でしか成り立たないので(笑)。だから、その先生はもう絶対信頼してたので、どんなに際どいところでも大丈夫だというような、あれはあったんですけど。だから、あんまり鍼は人には勧めない笑)。その先生がまだやってはったらね、そこ勧めるけれども。あの、鍼は勧めないです。私行きましたけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言