※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー11

インタビュー時年齢:70歳(2013年12月)
慢性骨髄性白血病の治療薬の治験(第1/2相から継続投与・プラセボ対照ではない)に参加。
首都圏在住。2006年に慢性骨髄性白血病を発症。標準薬で治療中に副作用が出てしまい、入院待ちをしていたところ、主治医より治験を勧められた。治験のことは自分には関係ないことと思っていたが、信頼する主治医が「自分なら参加する」と言ったので参加を決めた。治験は3年間続き、製造販売後臨床試験にも参加した。

詳しいプロフィールを見る

―― そうしますと、その、先生から、これ、発売になったよっていうことは、思ったよりも早くっていうふうにおっしゃられて。

はい、厚生省も早く。そのときはうれしかったですね、やはりね。ああ、良かったな。

―― そのうれしさって、どういううれしさですか。

そうですね、発売、自分の、ほら、治験参加して、そのデータが役に立って、いい方向にね、あの、向いたから余計良かったですね。ええ。

―― 早く承認されたらいいなってご本人も思っていらっしゃったんですかね。

そうですね。でも、意外と、うん、何か早かったような、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(8) ["name"]=> string(18) "終了後の感想" ["slug"]=> string(5) "kanso" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(8) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(7) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(8) ["category_count"]=> int(7) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "終了後の感想" ["category_nicename"]=> string(5) "kanso" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る