※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー05

インタビュー時年齢:59歳(2013年2月)・男性
鼠径ヘルニアの腹腔鏡下手術の局所麻酔薬の治験(第2相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。2012年、鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術を行うことになった際、主治医より海外で用いられている局所麻酔薬の新しい用法、用量に関する治験を紹介された。家族に治験経験者がいたので抵抗なく参加した。治験参加ということで個室を利用でき、定期的に医療スタッフが訪れてくれたのはよかった。治験に参加したことにより、医療についての理解が深まった。

詳しいプロフィールを見る

そのー…治験の時に、あのー、プラセボ、治験の説明の時に、プラセボの話が、こう、ありまして、まあ、あの、プラセボというのは偽薬だと。で、治験で使うのが、その、全部、この…効き目のある、えー、薬なり、麻酔薬なり、ではなくて、えー、100%効き目のあるものから75%、50%、25%、場合によっては0%の、そういう…薬もありますと。えー、まあ当然、パーセントが低ければ効き目も低いわけですから、その場合は、その、やっぱり痛みを感じる、強く感じるようになるので、えー、まあ、そういった場合は、その…率直に、こう、言ってくださいと。まあ、別の対処の仕方をするという、まあ治験をするに当たってのリスクの一つとして説明を受けたわけですけども、ただ、その、実際に、その、使用した薬がプラセボなのかどうなのか、何%ぐらいの効果があるものかというのは、その、使っている、その、ドクター自身もご存じないというふうに伺っていたんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(43) ["name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["slug"]=> string(7) "ic-what" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(43) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(43) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["category_nicename"]=> string(7) "ic-what" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る