インタビュー内容テキスト

自分が治験を経験して、家族も経験して、そのことが、マイナスではなかったので、そういう経験は伝えられると思います。積極的に勧めるというのは、これはもう、やっぱり個人個人いろいろな、体調であるとかですね、健康状態や、受け止め方があるでしょうから、そこは、あんまり強く勧めるものでもないかなと思いますけれども、自分が相談を受けた場合なら、自分の経験を話をして、決してそんなに恐れるような、怖がるようなですね、そういうものではないということは、きちんと自信を持って伝えられると思います。コーディネーターの方もそうですけれども、やはり、普通の患者として通院するとか、入院・手術をするとかいうだけではなく、さらに、もっと別の分野から、医療関係の方とつながりができるという点では、こう、人脈といいますかね、ちょっと恵まれる、恵まれる機会なんじゃないかなというふうに思いますね。そういった意味では、あの、いい機会だと思うので、治験に参加することはメリットがあるというふうには伝えられると思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言