※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー05

インタビュー時年齢:59歳(2013年2月)・男性
鼠径ヘルニアの腹腔鏡下手術の局所麻酔薬の治験(第2相・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。2012年、鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術を行うことになった際、主治医より海外で用いられている局所麻酔薬の新しい用法、用量に関する治験を紹介された。家族に治験経験者がいたので抵抗なく参加した。治験参加ということで個室を利用でき、定期的に医療スタッフが訪れてくれたのはよかった。治験に参加したことにより、医療についての理解が深まった。

詳しいプロフィールを見る

自分が治験を経験して、家族も経験して、そのことが、マイナスではなかったので、そういう経験は伝えられると思います。積極的に勧めるというのは、これはもう、やっぱり個人個人いろいろな、体調であるとかですね、健康状態や、受け止め方があるでしょうから、そこは、あんまり強く勧めるものでもないかなと思いますけれども、自分が相談を受けた場合なら、自分の経験を話をして、決してそんなに恐れるような、怖がるようなですね、そういうものではないということは、きちんと自信を持って伝えられると思います。コーディネーターの方もそうですけれども、やはり、普通の患者として通院するとか、入院・手術をするとかいうだけではなく、さらに、もっと別の分野から、医療関係の方とつながりができるという点では、こう、人脈といいますかね、ちょっと恵まれる、恵まれる機会なんじゃないかなというふうに思いますね。そういった意味では、あの、いい機会だと思うので、治験に参加することはメリットがあるというふうには伝えられると思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12133 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(42) "これから参加を考えている人へ" ["slug"]=> string(9) "p-message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(7) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "これから参加を考えている人へ" ["category_nicename"]=> string(9) "p-message" ["category_parent"]=> int(7) } }
同じテーマの語りを見る