※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー21

インタビュー時年齢:81歳(2014年8月)・女性
頻尿の治療薬の適応拡大のための臨床試験(詳細不明・実薬対照試験)に参加したが、副作用と思われる症状が出て中止。
関西地方在住。2013年に腎臓摘出手術後、定期検診の際に夜中にトイレに起きると主治医に話したところ、男性の頻尿を抑える薬を女性にも使えるようにするための試験に協力してほしいと言われ、その場で同意した。初めて薬を飲んだ直後に血圧が下がって具合が悪くなり、自分から中止を申し出た。

詳しいプロフィールを見る

その(治験で)使いたい薬は、「副作用というのがあんまりないけれども、ただ血圧が下がります」っていうことをね、言われて。「ほかは、心配するような副作用は、一切ありませんから」って言われたんですよ。「だから安心してね、飲んでもらいますから」って言われて。「それでは」っていうことでいただいてきて、2週間分いただいたんでしょうかね。まず、2週間試してみましょっていうことで。

先生、わたしが「じゃ、それ(=治験)に協力いたします」って言われたら、すぐにお電話かけに行かれて。で、「あなたの場合には、こちらの薬です」って言われて。何か難しい名前でした。で、薬局へ行って、そのお薬をもらってきましたら、薬袋に副作用がいろいろ書いてあるんですよね。その中に倦怠感とか脱力感とかっていうのもあって、血圧が下がるっていうこともあったり、何かいろいろ書いてあったんですけどね。一番最初に、脱力感とかっていうことが書いてあって。これが飲むたびにだんだん強くなっていくようでしたら、もう止めてくださいっていうことは書いてあるんですけど。その(脱力感の)程度がわたしには分かりませんのでね。でも、嫌だなと思ったもんですから、もう、1回で止めてしまったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(43) ["name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["slug"]=> string(7) "ic-what" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(43) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(43) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["category_nicename"]=> string(7) "ic-what" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る