※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー16

インタビュー時年齢:51歳(2014年3月)・女性
慢性骨髄性白血病の治療薬の治験(詳細不明)への参加に同意したが、投与開始前に中止。
首都圏在住。2009年に慢性骨髄性白血病と診断され、既存薬を服薬していたが合わず、休薬中にセカンドオピニオンを聞きに訪ねた病院で、治験の話を紹介された。薬が効いた場合は治験が終わっても優先的に使わせてもらえるという点にひかれ、迷いながらも参加を承諾。事前検査を受けている期間中、副作用に関する疑問を医師に質問したところ、説明もなく、治験に参加しなくてよいと言われ、参加を中止。

詳しいプロフィールを見る

治験のね、お薬は、いろんなことが、まだ副作用もね、未知数だし、何がおこるか分からないって怖さはあったんですけど。「何か副作用が出たら、もう24時間いつでもね、来て、診てあげる」って言ってくださったし。24時間何があっても血液内科の先生が誰かしらいて、対応してくれるっていうところにすごく安心感がね、芽生えて。前向きにね、(治験を)やりたいっていうことを電話で伝えたら、時間の予約の前に治験の先生のほうから「じゃ、もうね、すぐ来なさい」って言って。時間をね、あけてくださって。で、そこに行ったら、もうその同意書とかそのほかのいろんな書類がいっぱいあって。そのときに初めて、治験のコーディネーターさんを紹介されて。副作用とかその他もろもろの説明は、先生から一切聞いていなくて、治験のコーディネーターさんが、ほんとに軽くさらっと、もうこの人はOKだからみたいな、(医師からコーディネーターへの)紹介で話が通じていたらしくて、副作用とかも、大体この書いてあるとおりなんで読んでくださいっていう、あっさりしたもので。一応、書類とかにサインはして帰ったんですね。

次は、もう、検査に入りますからって、前段階のいろんなデータをとっとかないとって言われて。次の予約を入れて、「またこのいろんな書類を書いて持ってきてくれればいいです」って言われて。で「気が変わったらいつでも断ってもいいし、気が変わって断ったからっていって、もとのね、病院に帰らなくていいから」って。「あとは、全部うちでみるから」って、そこは先生、強調されていたんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(43) ["name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["slug"]=> string(7) "ic-what" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(43) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(43) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "事前説明:説明の内容" ["category_nicename"]=> string(7) "ic-what" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る