インタビュー内容テキスト

アドバイスを言えるほどのものは、わたしは治験に対してね、体験する手前で終わってしまっていますけど、追いつめられた状態で、やっぱり判断するときがあると思うんですね。で、治験自体は、その、わたしは、マイナスのイメージは持っていないです。どういうリスクがあるにしても、そのリスクをちゃんと理解した上で、やっぱり、最後まであきらめちゃいけないと思います。

その、わたしが、そこ今まで体験してきて、そのー、治験の先生もはっきり言って、何ていうの、マイナスの感じは持っていないんですね。ていうのは、その、今の先生につながるように橋渡しみたいなことに結果はなっているし、その……手のひら返したような対応はされましたけど、そのあとずうっと、いろんな先生の対応の仕方をみていて、がんって治療の選択肢がだんだんなくなっていく病気ですよね。で、その、慢性骨髄性白血病にしてみれば、その急性転換すると、非常に予後がよくなくなるから、それこそ火事場みたいな感じで、腕一本あきらめて命をとるか、命をあきらめて腕をとるのかっていう選択をしなきゃいけないときがあるので、そういう意味では、治験もその選択肢の、貴重な選択肢の一つだと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言