インタビュー内容テキスト

―― 一番最初に眼内レンズの治験というか、眼内レンズの存在を知ったのっていうのは、どういうきっかけで。

やっぱり、インターネットで、レーシックがいけるのかなとか、新しいいろいろな方法が出てきているので、どれかがわたしに合うんじゃないかと(思って探していた)。わたしができる方法があるのではないかということで、たまに、ちょっと、ホームページを開けてみたりとか、新聞でこんな方法がありますみたいなのを読んだら、ちょっと(そのウェブサイトを)開けて調べてみるとかみたいなことはしていたんですね。その中で、あ、眼内レンズがあるんだなということは、ちょっと、認識があったんですけれども。たまたま、新聞広告で、この会社が治験をやっているという広告を見たので申し込んでみたっていうことですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言