※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー29

インタビュー時年齢:54歳(2015年3月)・女性
強度近視の矯正のための眼内レンズの治験に参加を希望したが、条件に合わず不参加。
関西地方在住。総合病院にCRCとして勤務。中学生の頃からコンタクトレンズを使っており、レンズを入れても0.7くらいの視力しかない。2010年、レーシックなど検討してインターネット等で検索していたところ、前房にレンズを埋め込む、フェイキック眼内レンズの治験を知った。自分に合っていると思って検査を受けたが、埋め込む部分が薄すぎて参加不可だと言われ、がっかりした。

詳しいプロフィールを見る

まあ、この眼内レンズを入れる治療が、わたしに、ま、一番合ってるように思いましたし。ま、視力が、あのー、よくなる、唯一の方法かなと思って、ものすごく期待していたんですね。で、まあ、あのー、先ほども言ったように、うーんと、ま、電話をして申し込んで、とりあえず診察に来てくださいということで、まあ、近くの大学病院でやっているので、そこに行って、診察を受けました。で、で、あのー、CRCの方が、まあ、同意説明をされて、で、サインをして、で、その日3時間ぐらいの検査。ま、ですが、あのー、ま、待ち時間とかも入れると、ほとんど半日かけて、その検査を受けました。

―― 最初、その、広告を見られて電話されたっていうお話でしたけども、そのときの、期待感っていうあたり、もう少し教えていただけますか。

期待感ですか。

―― どんなことを思って。

えーと、まず、条件が4つほど書かれていて、年齢と、まあ、強い近視の人、乱視が軽い方、で、コンタクトレンズや、えー、眼鏡を使った場合の矯正視力が0.5以上の人という、この4つの条件にはぴったり当てはまったので、いけるかもしれないと思って。ものすごく期待感があったんですね。ただ、ま、駄目かもしれない。ま、あのー、いろんな検査をする中で、こういう試験に入れないっていうことは、割りとよくあることだと思うので、行ってしまって駄目になっちゃうかもっていうのもあって。

検査のデータがどんどんそろっていって、最後に診察が、あ、最初と最後に診察があるんですけれども。その最後の診察のときに、結果を、その、条件に照らし合わせてみていくと、あれ、これが駄目やなっていうことになって、で、じゃ、あの患者さん呼んでと言われて入って、で、実は、この点が合いませんでしたということを言われて、で、ま、ちょっと治験には、入れませんということを言われたので、その日のうちにも終わってしまったんですけどね、はい。

―― そのときの、その、これが合わなくてっていうのを言われたときは、どんなお気持ちでしたか。

もう、すごくがっかりしました。もう、もう、本当にがっかりしたし、あのー、相手の先生がとても親切な先生だったので、この前房、「前に入れるレンズを入れるものだけじゃなくて、後ろのもあるから、それは承認がとれているので、そっちができるかどうかみます」と言って、データを照らし合わせてくださったんですけど、それも、駄目だったということがあって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(30) ["name"]=> string(60) "参加できなかった理由/参加しなかった理由" ["slug"]=> string(7) "husanka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(30) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(3) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(30) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(60) "参加できなかった理由/参加しなかった理由" ["category_nicename"]=> string(7) "husanka" ["category_parent"]=> int(3) } }
同じテーマの語りを見る