※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

診断時:22歳 
インタビュー時:53歳(2017年8月) 
主な発症部位:小腸
関東地方在住の男性。妻と子ども二人。
最初は慢性膵炎と診断されたが、1年後にクローン病の診断がついた。最初は病気を隠して就職したが悪化して退職。故郷にUターンして地元の会社には病気を開示して就職したので、今は色々配慮してもらっている。何度も狭窄で手術をしたが、今は落ち着いている。早めに人工肛門にしたが、その後で子どもも授かったので、不便なこともあるが、全体的には人工肛門にしてよかったと思っている。

詳しいプロフィールを見る

これ今はやってないんですが、やはり私は5回手術をして狭窄部分を切り取っているうちにですね、段々腸が短くなってきました。で、今は小腸が1メートルくらいしかないんですね。通常あの平均的には小腸は6-7メートルあると言われています。で、小腸が極端に短くなったために栄養の吸収が悪くなったんですね。 で、一時期ですねえー、在宅で点滴をやってました。自分で針を刺してですね、血管から栄養剤を入れてやると、あの、内科入院などでね、入院治療の時にされる方いると思うんですが、それを家でやるということをやっておりました。で、これはあの、直接血液に栄養が行きますので、腸から吸収するわけではないと、これはもう栄養補給としてはもっともダイレクトで効果的な方法なんですね。ただ、あの、これを続けていってですね肝臓に随分負担がかかったんですね。肝臓はあのー、栄養分を処理するところ、器官ですが、肝臓に栄養が行き過ぎまして、このままでは脂肪肝になるというあの、ことが言われましてね、それで今は在宅で点滴療法やるのは中断しております。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12129 (17) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(24) "その他の内科治療" ["slug"]=> string(6) "sonota" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(19) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "その他の内科治療" ["category_nicename"]=> string(6) "sonota" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る