インタビュー内容テキスト

これ今はやってないんですが、やはり私は5回手術をして狭窄部分を切り取っているうちにですね、段々腸が短くなってきました。で、今は小腸が1メートルくらいしかないんですね。通常あの平均的には小腸は6-7メートルあると言われています。で、小腸が極端に短くなったために栄養の吸収が悪くなったんですね。 で、一時期ですねえー、在宅で点滴をやってました。自分で針を刺してですね、血管から栄養剤を入れてやると、あの、内科入院などでね、入院治療の時にされる方いると思うんですが、それを家でやるということをやっておりました。で、これはあの、直接血液に栄養が行きますので、腸から吸収するわけではないと、これはもう栄養補給としてはもっともダイレクトで効果的な方法なんですね。ただ、あの、これを続けていってですね肝臓に随分負担がかかったんですね。肝臓はあのー、栄養分を処理するところ、器官ですが、肝臓に栄養が行き過ぎまして、このままでは脂肪肝になるというあの、ことが言われましてね、それで今は在宅で点滴療法やるのは中断しております。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言