インタビュー内容テキスト

手術の思い出ですね。手術をやりたいですかと言われれば当然やりたくないです。で、やりたくない理由は痛い、これが第1ですよね。あの、麻酔が切れた後の痛みというのはやはり背中が重苦しい、えー、何とも言えない不快な状態が続くんですね。で、あの、鎮痛剤、痛み止めも時間を置かないと打ってもらえなかったりして、その術後の麻酔が切れたあとの痛みとの戦いですね、これがひとつ手術は大きな…何というか抵抗を感じるところ。
あと、もう一つ手術で嫌なのは麻酔をかける時ですね。あの、背中を丸めて背骨のところに針を刺して麻酔薬を打つんですが、(硬膜外麻酔)その時にやはり何とも言えないあの、ゾクゾクするような不安感がありましてね。そういうところで手術はもうできればやりたくないなと思ってます。

―― 術後の状況というのはどうなんですか。

術後はですね、まずあの腸が動くまでが一つの戦いですね。で、当然あのおなか何十センチも開腹してますので、お腹切ったところを糸で縫ったりですね、ホッチキスのようなもので止めてあるんですね。で、それがくっつくというのがもう一つの戦いで、傷口が治ること、あと腸が動いて食べられるようになること、これがあの術後の大きな乗り越える山になるんです。で、傷口についてはねあの、消毒、当然これも痛いんですけど、徐々に目に見えて治っていくのでこれはあまり心配はないんですが、腸がなかなか動いてくれない時がありました。で、腸が動かない時はもう食事が始められませんので、とにかく身体を動かすしかないんですね。で、痛い、塞がってない傷口を押さえながら、えー、病院内の廊下をぐるぐるぐるぐる回ると、そういったことを毎日やり続けると、それがなかなか術後辛いところですよね。

―― どれくらいの期間で退院できるんですか。

はい、腸が動くのに1週間ぐらいかかったことがありますね。で、それからやっと流動食が始まって、段々三部粥とかね五分粥とかお米の割合が増えていって普通食になってやっと帰れると。で、術後に早い人で2週間くらいですかね。傷口も塞がって食べるようにもなる。で、遅いと3週間とか4週間、そのくらい退院までかかります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言