インタビュー内容テキスト

あのー、仕事を辞めて、あのー、雇用保険とかそういうのを、あのー、辞めてから何、何年までは(手続き)できるとかって。やっぱり、そういうのも、やっぱり、主人は手続きができないから、うーん、そういうのをもっとこう、教えて、何かやってもらえる人がいるといいなとは思うんですけどね。
 何か、こちらが、私たちもこちらが調べて、あのー、役所へ行って、聞いて、いろんな手続きしたりするの、うーん、そういうのをもっとこう、事前に分かるような、うん。で、聞いて行ったら、「もう年齢的に、もう駄目です」とか、そういうことをよく言われるので。

――もっと早い時点に申請してたら、ひょっとしたらもらえたと、そういうのが。

そう、そうそう。あのー、障害者年金ももらえたんですけど、あのー、「もう年齢がきてるので、もうもらえません」って言われて。じゃ、もっと、こう、早くそういうのを分かってれば、うん、もっとできたかなと。

――あとはそのー、うーん、先ほどおうちのローンの話とかされてましたけども、それ、お仕事辞められた時点で、やっぱり経済的な不安っていうのは。

ものすごい、うん。もう、経済的に、うん。収入は主人ゼロになるし、年金、60からもらうんですけど、もうほんとに、国民年金も低い、うん。ローンに追い付かないし。でも私、だから、まあ、辞めるまでに貯蓄はちょっとあったので、それを切り崩して。うーん、65までは働いてもらえると思ってたんで(笑)。うーん、だからちょっとねえ。貯蓄くり、あれ、貯蓄をほんとに全部吐き出しました。あと、生命保険をもうやめて、もう、お葬式が出せるぐらいにして。

――そうすると、そのー、えっとー、障害者年金を60のときで申請してれば、大分あれだったんですかね。

そうですね。

――助かる部分があったのかな。

全然、あのー、分かん(なかった)…。

――分かったときには、もう65過ぎてた?

過ぎてたんですよ。

――もう年金をもらう年齢になってるから、もう障害者年金は出ないと。

そう、そう、そう。それが私も、が年金をもらえる時期になったので、ちょっと、あのー、聞きにいったんですね。で、あのー、「障害者年金ってあるんですよね」って。あのー、「主人障害者なんですけど」って言ったら、あー、あのー、「年齢がいってるのでもう駄目ですねえ」と言われて、「あ、そうなんですか」って、うん。それがね、もうちょっと分かってれば、うん、もらえたかもしれないし。まあ、それはね、言ってもしょうがないやと思って(笑)。

で、こっちも、あのー、仕事してる、フルで仕事してると、もう休みが取れない。と、休みに合わせて行くと、もう、期日が遅いとか、何か、うん。どうしてもこう、だからハローワークにも行、主人では1人では行けないしね。やれないし。結局こっちが、時間見て行っても、やっぱりもう日にちがない。どうしてもそうなっちゃうので、うん。そういう何かこう、手続きっていうか、うん、そういうのがもっと早めに分かるといいなと思いますけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言