インタビュー内容テキスト

で、(診断から)9カ月ぐらいたって病院行ったら、あのー、病院のボランティアやってる、結構年配の人がお掃除とか何かやってるのを見て、「俺も、俺より上の人がああやってやってんだなあ」って言って、「俺も何かできないかなあ」って言って、言ったんで。たら、あのー、ちょうどお向かいさんがこういう、おまんじゅう屋さんで簡単な仕事だけど、探してるのがあるって、前から聞いてたんですね。で、「ああ、何か俺もできないかなあ」って言ったんで、あ、これだ、と思って、で、すぐ聞きにいったんですね。そしたら、「いつでもいいです、来てください」って言われて。
 で、八百屋なので芋とか慣れてたんで、ほんとの単純な芋の皮むきをやって、すぐ。だけど、そのときもやっぱり隠してましたね。「言わないでくれ」って言われて。
 やっぱり1年ぐらいたってからかな、「話してもいい?」って言って。やっぱり市の人にも、「やっぱり職場には言っといたほうがいい」って言われて。で、あのー、「話してもいい?」って。「いいよ」って言って、で、職場へ言って、「大丈夫、簡単な仕事だから。気を付けるから大丈夫」って言われて。みんなが「おいで、おいで」って言ってくださるから喜んで行ってるんですけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言