診断時:61歳
インタビュー時:62歳(2008年8月)
2007年8月に診断を受け、肥大した前立腺を小さくするためにホルモン療法開始、翌年3月に小線源療法を受けた。現在は外来にて定期的に検査を受けている。診断を受けたときには、首都圏在住で、キャリア開発関係の会社の経営者として働いていた。妻と既に独立した2人の子どもがいる。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

U.Fさんは、1年前に前立腺がんの診断を受けた。人材開発系の会社を経営し、企業などに出向く研修講師として多忙な日々を過ごしていた。2006年のはじめ、夜間頻尿が始まり、前立腺肥大として内科から投薬(ハルナール)を受けていた。しかし1年も経過すると薬が効かなくなり、紹介を受けて泌尿器科を受診した。直腸診から単なる前立腺肥大ではないかもしれないと指摘された。PSA値が上がり続けていた事もあり、勧めに従い精密検査を受け、生検の結果10本のうち1本だけにがん細胞が出た。このとき「他の人より10年早い」という思いを抱いたが、それほどショックは受けなかった。というのも、5年前に近隣の病院にかかった時「胸に影がある」と言われ、肺がんかもしれない、という思いから目の前が真っ暗になった経験があったからだった。肺がんで手術が出来ずに亡くなった人は何人も見聞きしていた。結果的には結核と判明したが、その当時の不安と比べると、前立腺がんは治療法も割合確立し、予測も立つ。幸い「がんの顔つきは良い」とも言われた。

治療法の選択時、医師からは「今はたくさんの出版物がある、どうぞ調べてみてください」と説明を受けた。説明を聞き、本で調べ、「何もしないで様子を見る」という選択肢もあったが、発見が遅れて転移してしまった知人から「今のうちに何かしたほうが良いのでは」と言われ、悩んだ末、術後の生活の質や、通院に大きな時間は取れないという仕事の都合を考慮して、小線源療法を選択した。ただし、前立腺肥大がひどかったため、前立腺を小さくしなければならず、小線源療法を受ける前にホルモン療法を受ける必要があった。4ヵ月の治療期間であったが、副作用のため、やる気が起きない、闘争心がなくなるという苦しい思いをした。

その後、2008年3月末に小線源療法の施術を受けた。治療を受け、不安がとれてよかったと感じている。施術後5ヵ月が経過して、PSA値も安定し、ホルモン療法の副作用も改善しているが、事前に本で知っていた状況とは異なり、未だに治療後の副作用―排尿困難、排尿時の痛み、夜間頻尿、切迫尿が続き、生活に支障を感じている。

治療を受けるうえで、5年前から取り組んでいる模擬患者のボランティア経験が、非常に役に立ったと思う。その活動を通して、医師の養成課程を見ることが出来、医師の考え方、医師との付き合い方が分かった。また、その活動で知り合った医師に、雑談まじりで質問をしたりすることができる場を持てた。その体験から、医療に関係のない普通の人でも、医療に少しでも近寄って勉強したほうがよいと思う。

この先、いつまでやれるかという不安はあるが、妻と二人で過ごす時間を大事にしたい、医療に少しでも貢献したいという意欲を持って生活している。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー19:体験談一覧