※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー19

診断時:61歳
インタビュー時:62歳(2008年8月)
2007年8月に診断を受け、肥大した前立腺を小さくするためにホルモン療法開始、翌年3月に小線源療法を受けた。現在は外来にて定期的に検査を受けている。診断を受けたときには、首都圏在住で、キャリア開発関係の会社の経営者として働いていた。妻と既に独立した2人の子どもがいる。

詳しいプロフィールを見る

冷静にですね「1本だけ出ました。顔つきはいいです」と、まあ、いうことで伝えてくださいましたね。
で、1本だけというのは逆に困っちゃったんですね。これがね、2本、3本出て、ああ、間違いなく何ミリかの大きさのやつがあるよということでしたらば、ためらわずにいろんな治療に進めたわけですね。1本だけということは、これ、何ミリぐらいのがんがあるんだろうかと。大きさ的にね。で、何ミリぐらいのがんがあるんだろうかと言ったときに、1本だけ?もうしばらく様子を見たほうがいいんじゃないか。何年間かね。うーん、あるいはもう、やっぱり早めにやっちゃったほうがいいんだろうか、むしろそこで悩みましたね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る