※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー19

診断時:61歳
インタビュー時:62歳(2008年8月)
2007年8月に診断を受け、肥大した前立腺を小さくするためにホルモン療法開始、翌年3月に小線源療法を受けた。現在は外来にて定期的に検査を受けている。診断を受けたときには、首都圏在住で、キャリア開発関係の会社の経営者として働いていた。妻と既に独立した2人の子どもがいる。

詳しいプロフィールを見る

スケジュールの変更というのは、僕らの社会では絶対あっては ならないのです。親の葬式に出なくてもスケジュールは守らなきゃいけないのです。それが業界のルールなんですね。仕事を断ったとか、誰かに交代してくれと言ったときは、その後の仕事はやらないよという意思表示なんですよ。で、ただ、そこに2つだけ入っちゃったんですよね、ちょうどその入院期間中に。というのは、3月末から4月頭って新入社員研修の一番忙しい時期なんです。で、どうしてもかかっちゃうと。で、そこを外すともっとえらいことになっちゃうか ら、どうしてもそこで入院せざるを得ないと。で、やむを得ないもんですから、うん、で、そこだけは誰か、ね、新入社員研修って、幸いなことに交代がきくんで、誰か講師探して代わってもらってくれと。で、ただ、いや、実はがんで手術をするんだ。おれはもう少し生きたいからと。それはもう向こうは何とも言えないわけで、反論しようがないわけですよね。親の葬式ぐらいだったらば、出てこいとなっちゃうんです。「先生、元気でしょ」ということなんですから。約束は果たしてくださいと、契約ですから。それはわれわれの世界の厳しいところなんですよね。家族が入院していても死に目に会えなかったという事例はたくさんあるんです。われわれの仕事の中では。あの、まあ、そういう最後ぎりぎりのところですよね、うん。で、その2人だけはね、というのは、その間に入った営業会社と向こうの社長にだけは言わざるを得なかったと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る