診断時:72歳
インタビュー時:73歳(2015年1月)
甲信越地方在住、専業農家。子供3人は自立し、妻と二人暮らし。自治体補助が受けられる1日人間ドックを毎年受けていた。2014年にPSAが4.0を超えていると伝えられ近隣病院で生検、19本中3本にがんが見つかった。知人で同じく前立腺がんで全摘手術を受けた人がいて、その人が90歳を超えてもなお元気な様子だったので、自分もそうありたいと手術を希望。担当医からロボット手術を勧められ、即決した。9月の手術まで4か月近く待つ必要があった。手術直後は、痛みはなかったものの尿漏れがひどかったが11月にはすっかり良くなった。現在のPSAは0.003。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

Mさんは、甲信越地方在住。専業農家として働き続け、73歳の今も現役で果物と水稲を中心に農作業に精を出している。子供3人はすでに自立し、妻と二人暮らし。

自治体の補助で安く受けられる1日人間ドックを、友人がセンター長を務める健康管理センターで毎年受けていた。その健診で2014年、PSAが4.0を超えていると伝えられた。いきなりのことだったので、びっくりした。近隣の大きな病院で精密検査を受けることになったが、周りにPSAが20を超えても、がんが見つからないという人もいたため、どうなるだろう思っていた。PSAは6.6だったが、19本中3本にがんが見つかってしまった。

担当医から治療の選択肢を示されたが、同じように70歳ごろに前立腺がんを患い手術を受け、その後「本当にがんだったのかな?」と自分自身で疑うほど、90歳を超えて亡くなる直前まで元気に働いていた知人を思い浮かべ、あの人のようにありたいと思い、手術で取ってしまいたいという意向を伝えた。担当医からは後遺症も少ないのでとロボット手術を勧められた。手術を決めた5月時点で予約一杯だったため、9月まで待たなければならなかった。ちょうどブドウの収穫が終わっている時期なので、仕事の面では都合がよかったが、前立腺がん末期であっという間に亡くなった知人がいて、「前立腺の中にがんがとどまっている、画像検査でも転移はない」と言われたものの「1か月後にはどうなっているかわからん」と不安に思いながら、手続きを進めていった。ロボット手術では頭の位置を低く保つ姿勢を長時間とるため、白内障の既往がある自分は、緑内障のリスクを心配され、眼圧に問題ないか検査を受ける必要があった。

手術そのものは問題なく終わった。最初からこの病院なら大丈夫と思っていたので、不安もなかった。術後は翌日から起きて動くことができ、痛みもほとんど気にならなかった。直後は尿漏れがひどく、パッドがびしょびしょになったが、退院までには少しずつ治まっていった。担当医から聞いていたより時間はかかったものの、力仕事の要る稲刈りを終え、11月を迎えるころにはすっかり良くなった。

テレビ番組で、ロボット手術よりさらに負担の少なそうな、がん治療の最先端を見たとき、焦って手術を受けたのは失敗だったかな?とよぎったが、「いやいや、あのまま放置していたら進行していたかもしれない」と思い直し、友人の医師のいうように、早く見つけて治療するという選択をして、今は良かったと思っている。
 
現在のPSAは0.003。手術前と同じように体が動く喜びを感じながら、このまま元気で働き続けたいと願っている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言