※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー51

診断時:72歳
インタビュー時:73歳(2015年1月)
甲信越地方在住、専業農家。子供3人は自立し、妻と二人暮らし。自治体補助が受けられる1日人間ドックを毎年受けていた。2014年にPSAが4.0を超えていると伝えられ近隣病院で生検、19本中3本にがんが見つかった。知人で同じく前立腺がんで全摘手術を受けた人がいて、その人が90歳を超えてもなお元気な様子だったので、自分もそうありたいと手術を希望。担当医からロボット手術を勧められ、即決した。9月の手術まで4か月近く待つ必要があった。手術直後は、痛みはなかったものの尿漏れがひどかったが11月にはすっかり良くなった。現在のPSAは0.003。

詳しいプロフィールを見る

―― その、ちょっとお聞きしたいのが、実際こう手術終わって、ええと帰ってこられたじゃないですか、お部屋の方に。ええと手術室に入るときは、歩いてご自分で手術室に入られましたか。

手術室はそうだけんど。あの…ほして、終わって、そのあとさ、ご飯ができて、ほしてご飯を食べたら、もう歩いてくださいちゅうことで。

―― あ、もうすぐ、手術が終わったあと、その日のうちに。

一晩たったあとね。

―― 一晩たったあと。痛みとかはどうでしたか。

痛みはあの感じん。あれ、ただあの、なんていうかな、点滴と…小便の。

―― カテーテルですよね。

うん、小便のあの管が入ってますから、不自由は不自由だけんど。痛みとかは、ほとんどなくて、ええ。ほいで、ただあの、ふらついちゃ困るからちゅうことで看護師の人が最初ついてくれたんですけども。あの病院の廊下をね、こう行ってきて。ほいであの血圧…ああ「気圧のあれも、受けるじゃないですか」ってえなことで、まあ俺は5階だったけんど、あの「いったんエレベーターで下がってみましょう」っちゅうことで、エレベーターにも乗って「んじゃ1階まで行ってみましょう。どうですか」「大丈夫だよ」という、こういうことできましたからね。んだ、一晩たったあとね。手術終わって一晩たった後。んだからあの、とにかく手術してくれた先生も、「順調だよ、順調だよ」ってことは言ってくれて。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(94) ["name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["slug"]=> string(5) "robot" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(94) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(94) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["category_nicename"]=> string(5) "robot" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る