※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー51

診断時:72歳
インタビュー時:73歳(2015年1月)
甲信越地方在住、専業農家。子供3人は自立し、妻と二人暮らし。自治体補助が受けられる1日人間ドックを毎年受けていた。2014年にPSAが4.0を超えていると伝えられ近隣病院で生検、19本中3本にがんが見つかった。知人で同じく前立腺がんで全摘手術を受けた人がいて、その人が90歳を超えてもなお元気な様子だったので、自分もそうありたいと手術を希望。担当医からロボット手術を勧められ、即決した。9月の手術まで4か月近く待つ必要があった。手術直後は、痛みはなかったものの尿漏れがひどかったが11月にはすっかり良くなった。現在のPSAは0.003。

詳しいプロフィールを見る

―― ロボット手術を選択されて、経済的なご負担どのくらいなものだったか、どういうふうに感じられたかっていうこと、教えていただけますか。

ええ。まああの…あれははっきり言って、俺の場合は農協の保険にも入ってますし。あの、「あれ、これだけで済んどうか」っというふうな感じでした。ええ。

―― なるほど。農協の保険の方にも入られてたんですね。

ええ、ええ。そういう感じで実際、この病院から町役場の方へ行くのは、相当な金額だと思うけども、私の払った金額は「ほうか、よかったなあ。この程度でいいなあ、よかったなあ」というような金額でした。

―― その、がん保険の方に入られてたんですね?

え?

―― そのがん保険の方に入られてたってことですね。

いや、がん保険じゃないですけども。

―― あ、違うんですか。医療保険みたいなものですか、農協から。

ええ、私ども農協の生命共済っていうのがあるんです。ええ。あれをもう、若いときから入ってるんです。ええ。

―― ああ、それでじゃあ、自己負担はほとんどないような状態で治療が受けられたっていう感じなんですかね。

うん、ほとんどでもないけどね。農協からくるのはあとになって、書類を出してから、あの戻って来るもんで。

―― ああ、じゃあ一度とりあえず支払ったあとに、あとからお金が戻って来るっていう形なんですね。

「これだけかかりましたよ」ってあれを出せば、ほしたら…ええと何割だ、2割ぐらいかな?…もっとかな、ああもっと少なかったかな? それにしてもあれだ、「ああ、これだけで済んだか」と、こういう感じでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(94) ["name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["slug"]=> string(5) "robot" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(94) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(94) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["category_nicename"]=> string(5) "robot" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る