※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー51

診断時:72歳
インタビュー時:73歳(2015年1月)
甲信越地方在住、専業農家。子供3人は自立し、妻と二人暮らし。自治体補助が受けられる1日人間ドックを毎年受けていた。2014年にPSAが4.0を超えていると伝えられ近隣病院で生検、19本中3本にがんが見つかった。知人で同じく前立腺がんで全摘手術を受けた人がいて、その人が90歳を超えてもなお元気な様子だったので、自分もそうありたいと手術を希望。担当医からロボット手術を勧められ、即決した。9月の手術まで4か月近く待つ必要があった。手術直後は、痛みはなかったものの尿漏れがひどかったが11月にはすっかり良くなった。現在のPSAは0.003。

詳しいプロフィールを見る

うん、あの手術日の4日前に入院してくださいということで。やって、ほいで、行く…まず最初の日から、麻酔の先生の説明、そして手術後の看護師の人から、いろいろ、当日、手術が終わった日は、どうなる…手術の時間がどれくらいかかりますよとか何とか、そういう、あの説明もあって。そして、あ、その前にね、あの、あれだ。ロボットで手術をする場合、俺はあの、白内障やってるんです。ほして、「白内障やってますね」って言って「はい、やりました」「そのときに緑内障のあれは、言われましたか」って聞かれたから「それは言われなんだけんど」って言ったら、緑内障があるとロボットの場合、なんか頭の方を30度近く下げた形で、頭の方がね、下がるんですよ。その時に血液とあれで、緑内障があるとね、その緑内障を悪くするあれがあるから、それは「よく検査してもらってください」ってことで。それがあの、自己血を採るときと前後して、自己血を採るよりも、1か月ぐらい早かったかな。「検査受けてください」っていうことで、その検査は受けました、うん。そしてその説明の、入院してからの中で、またそれを確認して。「はい大丈夫です」ちゅうのを確認をして。ほうして、あれかな、あとは手術の日を待ったっていうことかな。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(94) ["name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["slug"]=> string(5) "robot" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(94) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(94) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "ロボット(支援)手術" ["category_nicename"]=> string(5) "robot" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る