※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

診断時:74歳
インタビュー時:81歳(2008年5月)
北関東地方在住。2001年に前立腺がんが全身に転移しており、余命半年と診断された。このとき、PSAが600。すぐにホルモン療法(注射)を開始。同時に身辺整理などを始めたが、徐々にPSAが下降し、ホルモン療法(注射)を続けながら、7年が経過し、現在に至る。妻と二人暮らし。息子が二人いる。元教員で、退職後は障害者施設の設立、地域で社会活動に取り組んできた。

詳しいプロフィールを見る

いよいよ結果が分かるっていうときにね、「告知をしてもよい。告知しない…悪い」っていうところにこう丸を付けることになってるんです。私はちょっと迷ったのでね、がんを告知されてはちょっとあれかな。告知しないほうがいいかなとこう迷ってたので、丸を付けませんでした。そしたら、先生が「ここが書いてないんで、言いづらいんですよね」って言うんですよ。「ここが丸付いてないんで、言いづらいんですよ」って、元気だったら何でも言えるわけなのに、「言いづらいんですよ」ってのは、「あ、これは悪いんだな」と思ったんでね、「どうぞ、何でも言ってください」って言ったら、前立腺がん。うーん、全身に転移をしているので、進行性末期がん。で、手術もできないと。放射線も駄目。抗がん剤も駄目。「もう好きなもの食べて、好きなことやってください」って。「余命半年」って言われたんですね。
で、余命半年っていうことなので、この半年をどういうふうに過ごすかなと思ったんですよ。で、私は、余命半年っていうときに、もう「お棺の中に、半年経ったら、あの狭いお棺の中に入れられるんだな」っていうのがはっきりしたわけなのでね、死んだときにこう、家族で体をこう拭いたりするのに、あまり汚くては…。当時、私の足がね、水虫みたいなのがこうあったんでね。この水虫、医者行かなくちゃなと思っていたのが余命半年って言われたので、「あ、これはまず水虫を治さなくちゃいけないな(笑)。お棺に入るときに、足が汚くちゃ嫌だな」と思ったので、早速、家内の車で皮膚科へ行って、水虫を治しました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る