※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

診断時:68歳
インタビュー時:70歳(2008年6月)
北関東在住。2006年1月、一人息子が脳腫瘍で闘病中に、尿の出が悪いことに気づいて受診し、前立腺がんが発覚。転移はない、という診断を受けて一安心し、すぐにホルモン療法を開始。5月に一人息子を看取ってから、10月に入院と通院で放射線療法を受けた。今はホルモン療法のみで、6週間に1度飲み薬を処方してもらい、3ヵ月に1回注射を受けているが、PSAの値も安定している。現在は妻と2人で年金生活。

詳しいプロフィールを見る

これはしょうがない、もう、がんになっちゃったらがんなっちゃったで、そのように先生にお願いして、いい方法で持って行くほかないなと思って。私は、ある程度は覚悟しましたけんどね。だけどまあ、たまたま先生が、「がんですけんど、調べたらどこにも転移していないから大丈夫でしょう」って言うんで、まあ正直、脳天くりで、ルンルン気分にはなっちゃいましたね(笑)。うん、だから…とにかくもう、そういうふうに言われたらまあ、くよくよしないで。
私はもう、検査してもらって、どこにも転移していないっていうんで。ほんとにそれ聞いて、正直ルンルン気分になりましたね、ええ。私はもう。いちいち、そういう細かいことにくよくよしないタイプだから。だから、がんが転移していないって聞いただけで「ああ、もう治った」って、そういうかたちですから。うん、くよくよしないです。あとはもう、仲良くそれと付き合っていくだけで。どういうふうに付き合っていったらいいかっていうのは、もう自分で考えて。で、病気と一緒に仲良く付き合っていくっていう。そういうだけの話ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る