※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

診断時:68歳
インタビュー時:70歳(2008年6月)
北関東在住。2006年1月、一人息子が脳腫瘍で闘病中に、尿の出が悪いことに気づいて受診し、前立腺がんが発覚。転移はない、という診断を受けて一安心し、すぐにホルモン療法を開始。5月に一人息子を看取ってから、10月に入院と通院で放射線療法を受けた。今はホルモン療法のみで、6週間に1度飲み薬を処方してもらい、3ヵ月に1回注射を受けているが、PSAの値も安定している。現在は妻と2人で年金生活。

詳しいプロフィールを見る

あの、(闘病中の)子どもがいたんでねえ、痩せました。とにかく、痩せました。もう、手なんかしわしわですよ。このへんがしわしわ。人の前出て、腕まくるのがみっともなかったです。痩せちゃって。

―― 看病で。

看病と自分の病気で。ええ、その「がんのおそれがあります」っていうのを聞いただけでね。ああ、弱ったな、子ども残しておれががんにかかっちゃてどうしょう、どうしたらって。やっぱり、あの、ストレスはたまりますね。それで、実際、子どもも、あの、今度、逆に子どもが父親を励ますように。で、あの、毎日、あの、朝起きて、あの、おしっことったりご飯食べさせたりしていて。それで、体を動かしたりすると、「痛てえよ」ってよく言うんですよ。急に動かしたりなんかすると。「どこが痛てえんだ」っつうと、「お父さん、前立腺が痛てえんだよ」なんてよく冗談言いましたけんどね。子どもが冗談言いました。だから、逆に子どもが気ぃ遣いましたね。だから、あの、やっぱりね、あの、そういう、それを、子どもが寝ていて、私がある程度のストレスがたまっているというのは分かっていたんですね。子どもが分かっていたんです。だから、あ、これはなるべくそういうのは言わないほうがいいなと思って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る