※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー17

診断時:60歳
インタビュー時:64歳(2008年7月)
北海道に妻、母と3人で暮らす。2004年夏、公務員生活最後の職場健診で受けたPSA検査の結果がやや高く、3ヵ月様子を見たが下がらないので、生検を受けたところ、グリーソン・スコアが6の中分化型の前立腺がんと判明。手術を勧められたが、持病の糖尿病もあり、手術の身体への影響に不安を抱き、新聞で見かけたブラキセラピー(小線源療法)を受けたいと希望して転院。2005年6月に小線源の埋め込み手術を受けた。

詳しいプロフィールを見る

これですね、それはもう絶対的な安全圏だとか、あの、絶対値っていうのはないんですね。ここまで下がったらもう安心だとか、ここまで上がったら、これはがん(再発)であるという、そういう値はないんです。極めて、あのー、個人個人によって違いますね。先ほど話しましたように、あの、最下点に到達するのに7年もかかったというような方も現にいるということで。しかも、途中でなぜ上がるかはもう理由はまだ解明されてないんですね。
ですから、どのくらいまでになると安全なんだということはありませんし、どのくらいまでになると危険だということが、あの、確定されたものはないわけなんですけども、ただ、自分の中でいろいろなこうデータを考えて、「この程度の上がりくらいでもってじたばたしちゃ、かえって体に悪いよ」という、そういう危険水域といいますか。危険ラインっていうのを決めておいたほうが、自身にとって健康的じゃないのかなというふうに感じまして。まあ、いろんなデータから、あの、+1までは全く不安を持たないような生活を今後送っていこうというふうに、あの、1年の契機に決めたわけでして、まあ、それが功を奏したのかどうか分かりませんけども、以来、順調に、ええ、PSAは下がり続けてます(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12121 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る