※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー11

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年6月)
首都圏在住。大腸がん、肺がん(再発あり)、心筋梗塞、脳梗塞なども経験している。毎年市のPSA検診を受けてきたが、2004年の検診で4を超えたため、都内の病院で生検を受けたが、生検時の手技と医師の対応に疑問を感じ、地元の病院に転院して2007年5月に前立腺全摘除術を受けた。術後1年余り経過して、時折尿漏れの不安があるが、ほとんどパッドはつけなくてもよい状態になっている。

詳しいプロフィールを見る

でね、入院中、あの、尿のどれぐらいたまったかを検査してですね。朝になって一番たまったのは250cc。で、非常にこれはよくたまったということでですね、巡回してくる医長に、泌尿器科の医長に話したんですよ。そしたら、「そんなに喜んでも駄目だよ」と、「前立腺がんの治療というのは、一歩前進三歩後退」と。一歩前進三歩後退。案の定、その次は、ああ、もう100ccたまるのがやっとで、それでたまったと思ったらね、ほとんど全部出終わったと。そういうことですね。一歩前進三歩後退っていうのはね、非常に僕はいい言葉だと思ったね。そのときは若干このやろうと思ったけどね。せっかく250cc、大体、300ccぐらいたまればね、それでもう本当にこれおしっこ、おしっこ、おしっこと、何か300ccぐらいが非常に適正な量なんだけども、ちょうどペットボトルの小さいやつね、あれが280ccだとか、330ccだとかね、ありますけどね。あれぐらいがたまれば大体いい。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(76) ["name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["slug"]=> string(4) "more" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(35) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(76) ["category_count"]=> int(35) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["category_nicename"]=> string(4) "more" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る