プロフィール

インタビュー11

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年6月)
首都圏在住。大腸がん、肺がん(再発あり)、心筋梗塞、脳梗塞なども経験している。毎年市のPSA検診を受けてきたが、2004年の検診で4を超えたため、都内の病院で生検を受けたが、生検時の手技と医師の対応に疑問を感じ、地元の病院に転院して2007年5月に前立腺全摘除術を受けた。術後1年余り経過して、時折尿漏れの不安があるが、ほとんどパッドはつけなくてもよい状態になっている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

(妻は)1回目(のがんのとき)はどうか知らないけども、2回目ぐらいからはもう、この人、そんな死ぬわけないなあと思っているんじゃないですか。私だって死ぬわけないと思っているんだから。うん。大体死ぬわけあると思った人は大体死んじゃいますよね。だからね、あと3ヶ月と思って、それを信用した人は死んじゃう。だから、あの、あれ、何だ、うーん、事前指示書、私はどういう格好で死にたいとかね、人工呼吸はやめてくれとか、ああいう事前指示書を書かされるとか言っているけども、あんなのを書いていると、そのとおりになっちゃいますよ。だからね、お医者さんとケンカしてでも明るく生きたほうがいいですよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(92) ["name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["slug"]=> string(6) "inochi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(92) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(92) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "inochi" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る