プロフィール

インタビュー11

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2008年6月)
首都圏在住。大腸がん、肺がん(再発あり)、心筋梗塞、脳梗塞なども経験している。毎年市のPSA検診を受けてきたが、2004年の検診で4を超えたため、都内の病院で生検を受けたが、生検時の手技と医師の対応に疑問を感じ、地元の病院に転院して2007年5月に前立腺全摘除術を受けた。術後1年余り経過して、時折尿漏れの不安があるが、ほとんどパッドはつけなくてもよい状態になっている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

で、まあ1月ぐらいから、まあいろいろと前のT病院から、いろいろかかってやっていたんですけども、去年。去年は、絵の展覧会をですね、私が世話役で、私が元おった会社のOB、これはまあWでもいいしょうね、W社の大体8名ぐらいでスタートしたんですが、そのOB絵画展の世話役をやっているんですね。絵の展覧会を京橋で。そのそれでそれを終えないと、前立腺がんの治療に入るわけにはいかない。
 それから、まあPSAが、10も超してないし、まあ大したことないなあと。で、私の知っているところでいくと、前立腺がんの、がんの仲間でも前立腺がんで死ぬんじゃなくて、大体が肺炎で死ぬ人が多いんですね。そんで、まあ寿命で死ぬんじゃないかなということで。そんなに慌てることないなあと。うん、ラテントとかいう、その早期のがん、発見しなくてもいいようながんじゃないことは分かったけれども。だけども、そう慌てることないなあということで、まだ絵を、自分の絵が出来上がってないんで、それは大変だということで、まず自分の絵を描き上げて、絵の展覧会を5月の13日から19日、それ終わってからでないと入院できない。
前立腺がんというのはですね。1期というか、A期の場合は発見しなくてもいいがんというのがあるんですね。それはA期。で、それからあと、進行が非常に遅い。で、がん仲間で前立腺がんをやった人がおるんだけども、前立腺がんで死ぬよりも肺炎で死ぬ人もおったし、なかなか前立腺がんで死んだっていうのは、私の親せきが一人おるぐらいで、それも、もうD期とか、もう末期だったんですけどね。うん。それで、まあそんなに慌てることはないなというのが、私の考え。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る